麻酔をかけて、治療中の痛みとストレスを緩和

痛みに配慮した治療麻酔注射の苦痛は、大きく分けるとハリを刺す時の痛みと薬を注入する時の痛みと違和感です。表面麻酔や電動麻酔器の使用、ハリを打つ時の工夫など、麻酔時の痛みや不快感を緩和するストレスの少ない治療に取り組んでいます。

表面麻酔でハリを刺した時の痛みを軽減
表面麻酔は、麻酔前に使用する麻酔薬で、ハリを刺す時の痛みを緩和する効果があります。ハリを刺す粘膜に表面麻酔を直接塗りしばらく時間をおくと、歯ぐきが痺れてきます。しっかり効かせると感覚がなくなり、ハリを刺した時のチクッとした痛みが緩和されます。

電動麻酔器で注入時の違和感を軽減
注入時の痛みは、麻酔注射を打つ時の圧力と薬を入れる速度が関係しています。一定の圧力でゆっくりと注入することがポイントですが、手動の麻酔器ではコントロールが難しく、力加減にムラが生じてしまいます。電動麻酔器はコンピュータで制御する麻酔器です。これを使うことで、速度や圧力が一定に保たれて麻酔時の痛みが緩和されます。

ハリの打ち方の工夫で痛みを軽減
痛みの少ない麻酔注射で一番肝心なことは、ハリを打つ時の工夫です。お口の中には痛みを感じやすい痛点と、感じにくい部分とがあります。注射をする時は、痛点のある部分を避けて唇を引っ張りながらハリを打つと、どこに刺されたのか分からなくなり、痛みを感じなくなります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更