診断の精度を高める歯科用CT(Computed Tomography)

歯科用CT

当院では歯科用CTを導入し、診断の精度を高めています。CT診断は、もはやインプラント診断に不可欠な診断ですが、親知らずなどの埋伏歯や根管治療など、幅広い治療でCT診断が求められています。

CTは、口腔内の断層写真を撮影することができる、コンピューターを駆使した画像処理システムです。撮影した画像をコンピューターに転送すると、口腔内を三次元で捉えることができ、レントゲン写真では判別が難しい骨の状態や神経・血管の位置を、リアルに把握することができます。医科用CTに比べると被ばく量が少なく、患者さまの身体にも優しいシステムです。

インプラントの診断歯科用CT
インプラントを埋入するには、充分な骨の厚さや量が必要です。CTで撮影すると、口腔内の奥行や骨の厚さや深さまで確認でき、埋入が可能かどうかを正確に診断できます。神経や血管の位置まで写し出されるので、正確なシミュレーションができ、安全で確実な手術ができます。

根管治療の診断
根の先の状態はレントゲンでは判断が難しく、時には見逃してしまう場合があります。CT撮影をすると、根の先の膿までリアルに確認でき、正確に診断できます。

親知らずや埋伏歯の診断
あごの骨の中に埋まっている親不知や埋伏歯の診断にも役立っています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更