治療の精度を高める設備

マイクロスコープマイクロスコープ
歯の内側は暗くて狭く、しかも細かい部分が多く、肉眼では治療が困難です。しかも、根の先となると形が複雑で器具が届きにくく、歯科医師の技術が治療結果を左右します。緻密さが求められる治療で威力を発揮するのが、マイクロスコープです。マイクロスコ―プは、歯科治療用の顕微鏡です。緻密な作業を必要とする時に、マイクロスコープで患部を見ると、肉眼では識別できない部分でも10数倍の大きさではっきり確認できるようになります。これにより、肉眼では困難な治療や精密さを求められる作業でも緻密さが増し、高精度の治療ができるようになりました。

拡大鏡拡大鏡
拡大鏡は眼鏡タイプの双眼鏡です。拡大鏡をつけて治療をすると、患部が肉眼の2~2.5倍に拡大されて、はっきりと見えるようになります。むし歯治療から歯周病治療、審美歯科まで幅広くあらゆる治療で活用されています。むし歯治療では、歯を削ったり薬を詰めたりする時に拡大鏡が欠かせません。削り過ぎや削り残しを防ぎ、汚れをキレイに取り除いて薬をしっかり詰めることができ、治療後の再発を防ぎます。被せ物の土台を整えたり、歯の形を形成する時にも威力を発揮し、削り面を滑らかにして、補綴物をキレイに仕上げることができます。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更