むし歯の進行と治療方法

Co(初期のむし歯)CO
症状:歯の表面が酸で溶かされていますが、まだ穴が空いたり黒い変色はありません。
治療:特に治療はしませんが、フッ素入りの歯磨き剤で歯を磨いて、再石灰化を促します。

C1(エナメル質のむし歯)C1
症状:表面のエナメル質が酸によって溶かされて小さな穴があいた状態です。この段階ではまだ痛みはありません。
治療:むし歯の部分だけを最小限に削り、白い詰め物を入れて治します。

C2(象牙質のむし歯)C2
症状:感染が象牙質まで広がり、冷たい物や甘い物を食べたり飲んだりするとしみます。
治療:麻酔をかけて治療をします。むし歯が小さい場合は白い詰め物を詰めます。感染が大きい場合は大きく削って薬を詰め、詰め物を製作して被せます。

C3(神経に達したむし歯)C3
症状:感染が神経まで広がり、激しい痛みを伴います。神経が壊死すると根の外で炎症を起こして歯ぐきが腫れてきます。
治療:麻酔をかけて根管治療で神経や膿を取り、被せ物を製作して被せます。

C4(根だけが残っている状態)C4
症状:根だけが残り、歯のほとんどが溶かされた状態です。
治療:治療が可能な場合は根管治療で歯を保存します。それさえも難しい場合は、抜歯になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更