再発させないむし歯治療

むし歯治療

むし歯が神経まで達すると、歯を大きく削り神経を取らなければなりません。抜髄(神経を取る処置)すると栄養が届かなくなり、歯はもろくなります。さらにヒビが入ったり破折したりすると、もはや治療は不可能となり抜歯するしか方法がなくなります。大切な歯を守るためにも、むし歯が大きくなる前に徹底的に取り除くことが大切だと、当院では考えています。

当院のむし歯治療は、むし歯の再発を防ぐ確実な治療です。う蝕検知液や拡大鏡を使うことで削り過ぎを防ぎ、むし歯だけを確実に削り取ります。神経に達する前(C2)にきちんと治療をすれば、再発をほぼ防ぐことができます。確実な治療で、10年、20年先の歯の健康をお守りします。

う蝕検知液でむし歯を確実に削るむし歯治療
う蝕検知液はむし歯を確認する薬です。歯に塗るとむし歯に反応して着色するため、それを目安にして色が消えるまで削ります。肉眼でむし歯と健康な歯の境界線を判断するのは難しく、往々にして、削り過ぎを招いてしまうこともあります。う蝕検知液を使うと、むし歯だけをピンポイントで削ることができます。削り過ぎや削り残しを防ぎ、確実にむし歯だけを削ることができるため、再発防止につながります。

拡大鏡で、むし歯治療の精度を高めるむし歯治療
拡大鏡は、患部を拡大して見るメガネ型の拡大レンズです。むし歯治療や歯周病治療など、細かい作業や肉眼では判別が難しい部分を確認する時、拡大鏡を使うと患部がはっきり認識でき、緻密な処置ができるようになります。むし歯治療では拡大鏡を使う場面が多く、歯の削る時や薬を詰める時に使用すると、確実に削ることができ、薬もしっかり充填できるため、再発の少ない治療が実現します。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更