当院の小児歯科メニュー

ブラッシング指導ブラッシング指導
むし歯予防の第一歩は毎日の歯磨きです。特にお子さまの歯は柔らかく、歯磨きを怠るとすぐにむし歯ができてしまいます。ブラッシング指導では、歯科衛生士が正しい磨き方をお教えします。歯ブラシの当て方から始まり、重点的に磨いて欲しい部分など、お子さまの口腔内の状態に合わせた適切な指導をいたします。特に治療を終えた後のお子さまは、健康な状態を維持するためにも歯磨きが重要です。しっかり身につけて再発を防ぎましょう。

シーラントシーラント
シーラントは、奥歯の溝に歯科用プラスチックを詰めるむし歯の予防的な処置です。奥歯は歯ブラシが当たりにくく、しかも柔らかいので、むし歯になりやすい場所です。溝に蓋をすることで汚れがたまりにくくなり、むし歯もできにくくなります。シーラントを詰めても歯と歯の間にできるむし歯までは防ぐことができないため、フッ素塗布との併用をおすすめしています。

なお、シーラントを必要とする年代は、乳幼児から中学校卒業時期の成長期のお子さまです。また歯が少しずつ生えてくると、かみ合う歯とぶつかってシーラントが剥がれてしまうこともあります。その場合は予防効果がなくなりますので、再施術が必要です。

<シーラントの流れ>
1.ブラシで歯の汚れを落とします
2.歯の溝にシーラントを流し入れます
3.特殊な光を当てて、シーラントを固めます

フッ素塗布フッ素塗布
フッ素には歯質を強くしてむし歯を予防する効果があり、特に歯の柔かいお子さまには有効な予防法の一つです。市販の歯磨き剤にもフッ素配合のものが出回っていますが、歯科医院で使用するフッ素は濃度が高く、むし歯予防や初期むし歯の治療など様々な効果が期待できます。

予防歯科はこちらへ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更