むし歯ができるメカニズム

むし歯ができるメカニズム食べ物を摂取すると、むし歯菌が糖分をエサにして酸を発生し、エナメル質の内部にある、リンやカルシウムを溶かしていきます。これを脱灰(だっかい:ミネラルが溶け出ること)といい、それが進むとエナメル質に穴が空き、むし歯ができます。通常は、唾液が酸を中和して再びリンやカルシウムが吸収されます(再石灰化)。ところが、おやつの回数が多かったりだらだら食いをしていると、歯の表面にプラーク(歯垢)が付着して、再石灰化が追い付かなくなり、むし歯ができやすくなるのです。

むし歯を防ぐには、むし歯菌の住処となるプラーク(歯垢)を取り除いて、細菌のコントロールをするのがもっとも効果的です。食後の歯磨きをし、寝る前の仕上げ磨きで奥歯や歯と歯の間に溜まっている汚れもキレイに落としてあげましょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更