むし歯を予防する、食習慣指導

食習慣指導むし歯の多いお子さまの食生活を聞くと、だらだら食いやおやつの回数が多い傾向にあります。お子さまのむし歯の状態を見ながら、必要に応じて食事回数の改善を指導しています。

食べる回数を減らす
むし歯と食べる回数は密接な関わりがあり、食べる回数が増えれば増えるほど、むし歯になりやすくなります。その逆に、1回に食べる量を増やしても、食べる回数をコントロールすれば、むし歯になりにくくなります。もし、お子さまが10時と3時におやつを食べていたら、それを止めて食後のデザートとして食べさせてあげてください。

甘いおやつを控えましょう
糖分はむし歯菌の大好物です。ケーキやチョコレートなどの甘いおやつはできるだけ避け、バランスの取れた食事を心がけるだけで、むし歯リスクが軽減できます。食習慣を見直して、お口の中の環境を変えましょう。

定期検診でむし歯を防ぐ
食後の歯磨きや、シーラントやフッ素などの予防処置を行うことで、より予防効果が高まります。また定期検診を受けるとお口の中を健康な状態に保つことができ、むし歯の早期発見・早期治療にもつながります。お子さまの歯の健康は、ご家族の協力なしでは成り立ちません。スタッフもお子さまの歯を守るために指導いたしますので、一緒にがんばりましょう。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更