院長あいさつ

院長あいさつ

こんにちは。石井歯科医院の院長 / 石井洋行です。
当院は川崎市多摩区中野島にある、地域に密着した歯科医院です。むし歯から歯周病、インプラントまで診療科目は幅広く、お子さまからそのご家族、ご年配の方まで、あらゆる年代の方のお口の悩みにお応えしています。

当院では、厚生労働省のガイドラインを順守し、安全で確実、かつ患者さまが安心できる歯科治療を実践しています。最新鋭の治療設備と裏付けのある安全な治療法を採用し、優れた技術を持つドクターと歯科衛生士による、確実な治療を提供いたします。

当院の診療は現状把握から始まります。治療を始める前に検査をし、問題点を明確にした上でお口全体を総合的に診断いたします。十分なカウンセリング時間を取って、現状を分かりやすくご説明します。患者さまの悩みやご要望をていねいに伺いながら、不安を取り除いていき、一人ひとりに合った最良の治療計画をご提案いたします。

地域のみなさまが安心して通院できるよう、院内環境やスタッフの対応、最新設備の導入など、ハード・ソフト両面の充実を図ってまいりました。最新の知識と技術の習得に励み、質の高い歯科診療の実現に向けてスタッフが一丸となり、日々研鑽を重ねてまいります。

開院から25年が過ぎ、診療体制は大きく変わりましたが、診療に対する意識は昔も今も変わりません。これからも地域の皆さまとともに歩んでいく、地域に根付いた歯科医院を目指していきます。お口に関することでしたら、何でもご相談ください。

安全で確実な治療を提供するのが、歯科医師の努め

院長あいさつ私は治療法の背景に興味があり、国内外の論文や文献を夢中になって調べていた時代がありました。調べていくうちに気づいたことがあります。それは、世界的に知られている治療法の中には、治療効果を裏付けるエビデンスのないものがある、という事実です。

例えば、かみ合わせと顎関節症の関係です。これまでは、かみ合わせの悪さが顎関節に影響を与えると考えるのが一般的で、歯を削ってかみ合わせを調整する治療が行われてきました。近年、大規模な疫学調査を行った結果、「顎関節症は進行する疾患ではなく、時間の経過とともに、数日から数週間で症状が軽くなる疾患」であることが明らかになり、正式なガイドラインが発表されたのです。これは氷山の一角に過ぎませんが、どんなに素晴らしい治療法でも、裏付けのない治療はすべきではありません。安全で確実な治療の提供が歯科医師の務めです。だからこそ私は、ガイドラインを大切に考え、それに基づく治療を行っています。

今日があるのは、スタッフと患者さまのおかげです

院長あいさつ私は大学卒業後、先輩ドクターのもとで4年間勤務し、咬合やかみ合わせ治療を学んできました。勉強を進め、色々なことが分かり始めると面白くなり、色々なことを夢中になって調べていくようになりました。自分の理想とする治療を突き詰めていくうちに、歯周病専門医やインプラント専門医となり、昭和大学歯科医師臨床研修施設の指定を受け、多くの研修医を受け入れるまでになりました。

現在、6名の歯科医師が在籍していますが、これまで退職していったドクターの中には、自分で開院した先生も何名かいます。今でも交流が続いていて、毎年8月には同窓会を開き、卒業したドクターの近況報告を聞いたり、情報交換しながら楽しく語り合っています。今の当院があるのは、優秀で誠実なスタッフに恵まれ、地域の皆さまに支えていただいたおかげだと、心から感じています。

院長経歴

院長あいさつ院長 石井 洋行

【略歴】
1985年 北海道大学歯学部卒業
1989年 石井歯科医院開設
2017年 鶴見大学 歯学部歯周病学口座 臨床教授

【所属団体】
日本口腔インプラント学会会員
日本歯周病学会会員
日本歯科審美学会会員
日本歯周病学会 専門医
日本口腔インプラント学会専門医
院長あいさつ

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

診療時間変更